多分かなりネット依存なあたしの、お買い物日記と、大雑把レシピと、エコ生活の覚え書き。
<< 家族で愛用 「魔法のお粉」 | main | 二三子さんってなんて読む? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
適当に塩漬けするのがスキ

 
1・ひたすら刻む!  2.塩・こんぶ・唐辛子・だしの元でもむ! 3・冷蔵庫で寝かせる

漬物大好き!
白ご飯大好き!


写真のボウルは直径30cmはあるもので、
使ってるジップロックも特大サイズですが、
こんなの、ペロっとなくなってしまいます。

夏はぬか漬けにハマっていましたが、
ぬか床さんは、栄養を出し切って往生されました。

冬は塩漬け!
カブや大根さんが安いから!
もちろん、白菜とか水菜とか、きゅうりとか、ゴーヤとかオクラとかなんでもいいんですけどね。

写真のは「かぶとカブ葉と大根葉」

作り方は今日も適当。

ポイントは
刻んでからの方がすぐ食べれます。
唐辛子と昆布ははさみで刻んでから入れたほうがすぐ漬かります。
すぐ食べるんなら、寝かせる時間は1時間ぐらいでも大丈夫!
保存するには、しっかり塩漬けしなくちゃだけど。なんせ、すぐなくなっちゃうので。
もちろん、洗って絞って食べて下さい。


日本の手話で「塩」とは、塩で歯磨きしてたという由来からこうだって。




評価:
野崎 洋光(のざき ひろみつ/日本料理店「分とく山」総料理長)
世界文化社
¥ 1,470
(2008-09-20)

| 美味しい食生活 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 10:38 | - | - |
COMMENT
COMMENT FORM









この記事のトラックバックURL

http://comagoma.jugem.jp/trackback/68
TRACKBACK

PROFILE
SEARCH THIS SITE
CATEGORY
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRY
RECENT COMMENT
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
野崎洋光が教える「分とく山」のごはん料理 炊き込みごはんからおすしまで 春夏秋冬 (別冊家庭画報) (別冊家庭画報) 干し野菜クッキング―ちょこっと干してうまみがぎゅっ! 干し野菜のおいしいレシピ―甘み、香り、歯ごたえがぐん!とアップ ていねいに家しごと―暮らしが楽しくなる、家しごとのヒント (CHIKYU-MARU MOOK 天然生活くらしbooks) 暮らし上手のインテリア


MONOCLIP
AnotherBookmark
rakuten
 
楽天市場
Amazon.co.jp
OTHER